日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

今さら聞けない!ビットコインはどうやって手に入るの?

情報

今さら聞けない!ビットコインはどうやって手に入るの?
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

暗号通貨が私達の暮らしにもたらす影響とは?

暗号通貨を使うことによって支払いや送金が圧倒的に便利な世の中へ

インターネットが普及し、仮想通貨・暗号通貨という言葉は耳にするけれど、具体的にはどんなものか知っていますか?先日、ビットコインの勉強会が都内で行われたので、初めて参加してみました。2017年はまさに「仮想通貨元年」といわれていて、これからは暗号通貨、特にビットコインが私達の暮らしにより身近なものになっていきます。

2017年4月5日には、大手家電量販店が決済にビットコインを導入開始すると発表しました。

ビットコインを使ってスマホひとつで便利にお支払いができたら、使う人が増えてくるのは当然ですよね。

テレビでビットコインについて目にする機会も増えてきましたね。

そういえば、今は電車に乗る時もPASMOやSUICAといった電子マネーを使用するのが当たり前になりましたよね。最初だけPASMOやSUICAを作る登録作業が必要でしたが、あとは一切面倒なことがなく、便利なので誰もが当たり前に使うようになっていますよね。

その前は、電車に乗るたびに並んで小銭を用意して切符を購入していましたが、今となってはPASMOやSUICAを使った方がスムーズですし、何より便利だから普及したんですよね。電子マネーそのものはお金ではありませんが、そこにお金をチャージすることでお金と同じように使えます。

それと同じようにたとえば暗号通貨のひとつであるビットコインも、最初だけ登録作業をしておけば、あとはお金と同じように使えます。好きな時に円やドルからビットコインに変えることもできれば、逆にビットコインから円やドルに現金化することができます。

とはいえ、ほとんどの人にとってはよくわからないというのが実情ではないでしょうか。仮想通貨(ビットコイン)についての素朴な疑問点がとてもわかりやすく解説されていたので、動画をご紹介します。

一口に暗号通貨といっても、様々なものがあります。どのような暗号通貨があるのかを比較するにはこちらのランキングが参考になりますよ ↓↓↓

こうしてランキングを見てみると、市場で大きな割合を占めているのは圧倒的にビットコインとなっていることがわかります。
勉強会の会場に来ていた参加者のうち、約半数の人がすでにビットコインを持っていることがわかりました。

ビットコインって子供銀行のおもちゃなの?

あなたはビットコインと聞いて、まずどんなものを思い浮かべますか?正直、私は子供銀行のおもちゃのお金、といったイメージでした。ところが驚いたことに、ビットコインはすでに世界各地で支払いに使われていて、ここ日本でもビットコインが使えるお店はどんどん増えてきています。

わかりやすく言えば、ポイントカードを持っている人が提携店にてポイントを使って買い物ができるように、ビットコインを持っている人はビットコインを使って様々なサービスを受けることができるわけです。。具体的には美容院や焼き肉屋、寿司屋、電気料金の支払いにビットコインが使えるなど、約3000の店舗ですでにビットコインが利用可能となっています。
これから使える場が増えていくとなると、安全性も気になりますよね。

肘をつき悩む女性

出典 http://www.pakutaso.com

ビットコインの安全性は?

ビットコインは銀行にお金を預けるよりも高い安全性が売りになっているといわれています。ビットコインの安全性はどのようにして守られているのでしょうか?

ビットコインは主にブロックチェーン、プルーフオブワークという二つの仕組みによって
安全性が保障されています。まず最初にブロックチェーンとは中央集権機関が間に入らない代わりに
取引の履歴がアドレスとして台帳に全て記録されまたその様子が公開されているのです。
誰でも見ることが出来るので取引の透明性や公平性が保てます。
またプルーフオブワークとは取引の単位ごとにランダムな値が付与されます。
なんらかの不正によって書き換えられる場合そのランダムな
値も書き換えないといけないために不正がすぐに発見できるという仕組みです。
以上の革新的な仕組みにより安全性が確保されているのです。

出典 http://frpptech.com


中央銀行での発券も流通の管理等のような業務をしている機関はありません。発行も取引の履歴も全てネットワーク上で管理される仕組みが出来上がっています。
 
そして驚くべきことに、この履歴も、誰も集中管理してはいないのです。それぞれのネット端末から吸い上げられた仮想通貨の利用情報の塊が、通貨としての信用を築いているのです。
 
それは誰もがいつでも確認できることで、維持管理ができていて、二重払いや支払い漏れも起きないようになっています。履歴を改ざんすれば通貨の偽造もできそうですが、情報公開することによりそれも起きないのです。ネットワークのその上に、誰もが見られるが手は加えられない取引台帳が存在するようなものです。
 
こうして中央管理組織がなくても、通貨としての存在価値を発揮しているのです。取引履歴の整合性を維持させる仕組みこそが、仮想通貨の仕組みといっても良いかもしれません。ビットコインが仮想通貨として注目を浴びるようになったのは、通貨として信頼の得られる仕組みを構築することに成功したからなのです。発行される総量には制限がありますので、さながら自然界にある鉱物資源である金を人工で作りだしたものともいえます。

出典 http://virtual-tuuka.net

私達の暮らしにこれから浸透していくビットコイン

ドル、円と同じように、全世界の基軸通貨であるビットコイン。その誕生は2009年で、当時は1ビットの価格が1円以下でスタートしました。それがわずか7年で世界の基軸通貨となり、日本でも仮想通貨法が可決されたことによって2017年4月以降に正式に国が認めた「お金」となります。

これまで銀行にお金を預けていた場合、通帳やキャッシュカードが使われていましたが、ビットコインの場合には通帳やキャッシュカードがそもそもありません。すべて、携帯電話(スマートフォン)やPCで操作が完結してしまうのです。

携帯電話が支払いに使えるキャッシュカードでもあり、同時に通帳の役目を果たします。外出時に通帳やキャッシュカードを持ち歩くのは面倒でも、携帯電話1つで済むなら手軽ですよね。

ちなみに2017年4月現在、1ビットあたりの価格はおよそ13万円前後まで上がってきています。これが、今後2倍になるという説や30倍、100倍になるという見解をもった専門家もいるため、ビットコインがまだ安いうちに手に入れて、値が上がったら売って資産を増やそうという動きが自然と生まれているのです。

ビットコインとお金の違いとは?

ビットコインとこれまでのお金との最大の違いは何でしょうか?お金は国や日本銀行によって管理され、増刷されていきますが、ビットコインは所有する地球上すべての人が管理者であり、全体の発行枚数が限られている、という点があげられます。コンピューターの発行プログラムによってビットコインは2140年まで発行され続け、トータルの枚数が2100万ビットコインに達すると、発行は終了してしまうのです。イメージとしては金(Gold)と同じです。

金とビットコイン

出典 http://www.intergem.jp

金(Gold)は地球上で限られた量があらかじめ決まっているので、そこに高い価値が発生します。これまでのお金は状況に応じて造幣局でどんどん量産可能でしたから、量産すればするほどお金の価値が薄まっていくのとは対照的ですね。

そこで、まだ安く手に入る今のうちにビットコインを持っておこうという人が、1週間に600億~1千億円をビットコインに替えているというわけです。

ビットコインがよくわからないという人がいる一方で、これほどまでビットコインを手に入れようとしている人がいるのはなぜでしょうか?こちらの動画に、その答えがわかりやすく出ていましたので御覧ください。

なぜビットコインを手に入れる人が増えてきているのか、その理由が明確に伝わってくる動画でしたね。

ビットコインってこれから本当に価格が上がっていくの?

これからビットコインは本当に価値が上がっていくのでしょうか?多くの人は、まだよくわからないというのが正直なところではないでしょうか。

しかし、考えてみてください。
ビットコインはドル、円、ユーロ、元などの各国の通貨と交換できます。すでにドイツ、ノルウェーなどもビットコインを法的に「お金」と位置付けています。アメリカではビットコインのATMもたくさんあります。

日本ではまだビットコインのATMを見かけることは少ないですが、これから日本でもビットコインのATMは増えていくと言われています。支払いにビットコインが使えるお店も一気に激増していきます。

ビックカメラは、【ビットフライヤーと正式に業務提携】して、
4月7日からビットコイン決済をスタートしています‼

リクルートは、【コインチェックと業務提携】して、
今夏を目処に、【全国26万店舗】でビットコイン決済がスタートします‼

ビットコインは子供銀行のおもちゃではなく、お金にはない希少価値をもった世界の基軸通貨となっている今、日本においてもこれからますます価値が上がっていくことが注目されているのです。

ビットコインと日本円

出典 http://www.pakutaso.com

ビットコインを手に入れるには

ビットコインは、コインチェックと呼ばれるサイト上の取引所で簡単に手に入ります。コインチェックの他にも取引所はありますが、登録手続きが最もシンプルな方法で完了するという点から、ここではコインチェックをご紹介しています。

日本では2017年春から、ビットコインを買うのに消費税がかからなくなりました。通常、お金を両替するときには消費税がかかりませんから、まさにビットコインは通貨として国が認めたということになりますね。

地球規模では、すでに1300万人以上の人が使用しているビットコイン。その人数はここ2年だけで3倍に増えたそうです。急速に広がってきているんですね。私の周囲でもビットコイン保持者が増えつつあります。スマホで数分の操作だけで、手軽に手に入るところもいいなと思いました。

ビットコインを手に入れる準備として、コインチェックに登録する必要があります。無料でコインチェックに登録することができるので、私もさっそくやってみました。免許証かパスポートがあれば、数分の作業で登録できますよ。

最後になりますが、ここまで読んでくださったあなただけに耳寄りなお知らせがあります。ネット通販大手のAmazonがカード決済手数料8千億円という莫大な経費を削減するために2017年中に支払いにビットコインを導入すると発表しました。

これまで支払いにカードを利用していた多くの利用者が、個人情報むき出しでハッキングのリスクを伴うカードよりも安心安全なビットコイン支払いへと移行し、それに伴ってビットコイン利用者が急増すれば、当然ビットコインの需要が高まり価値がはね上がることは目に見えています。

その足掛かりとして、アマゾンとビットコインの連携はすでにスタートしています。

ビットコインがあると、アマゾンでの買い物がカード決済よりお得になるのです。

いかがでしたか!?

今のうちに安くビットコインを手に入れて、ビットコインが高騰したら、売る。単純にそれだけで、資産を増やせる可能性があるとしたら、さて、あなたはどうしますか?

この情報をぜひ、お友達にもシェアしてあげてくださいね。

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

月別アーカイブ

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。